浦和周辺:塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

源氏と平氏ってなんなの?

武士はもともと自分たちの土地を守る自衛団だったのですが、その力はどんんどん大きくなっていきました。

ある時、朝廷内での権力争いがあり、その時に武士たちを争いに呼び寄せました。

(今でいう、兄弟で跡目争いしているところにヤクザ使っちゃったようなものですね。笑)

そのくらい、武士たちの勢力は大きくなっていたのです。
その武士たちの中での二大派閥が「チーム源氏」と「チーム平氏」でした。

鎌倉幕府は最初の武家政権

源氏が平氏を倒し、源氏が政権を持つようになりました。

朝廷が争いのために武士を使っていたはずが、武士の力が強くなり過ぎた結果、政権が武士に移ってしまうというのは、皮肉ですね。
これまでは、貴族が政治を行っていたのですが、源頼朝が鎌倉幕府を開き、ここからは武士が政治を担うようになります。

ちなみに、鎌倉幕府は1192年(いい国作ろう鎌倉幕府で覚えましたよね)だとされていたのが、現在は1185年として教科書に載っています。
これは守護や地頭を全国に配置したのが1185年を鎌倉幕府成立とするか、征夷大将軍となった1192年を鎌倉幕府成立と考えるかの差なのです。
私自身は、歴史の勉強は年号を覚えることよりも「なぜその出来事があったのか」「その出来事が今後どのような意味を持つのか」が重要なのではないかと思っています。

北条政子

北条政子は、頼朝の奥さんです。

頼朝の死後、なんと頼朝の奥さんである「北条政子」が執権という将軍を補佐するポジションにつき、政治の実権を握っていました。
(今度は奥さんが政治するってすごいですよね。安倍総理の次に、安倍総理の奥さんの安倍夫人が首相になっているような状態ですから。笑)

そして、後鳥羽上皇が武士の政治ではなく、今までのような貴族中心の政治に戻そうと、承久の乱がはじまります。
頼朝がなくなり、幕府の内部で争いが起き、ごたごたしている状況を見計らって挙兵します。

北条政子VS後鳥羽上皇です。
(ちなみに、上皇とは今でいう会長のようなものです。)

頼朝にも勝るほどのカリスマ性があり、揉めていた幕府内部を演説でまとめ上げ、勝利を納めます。

(北条政子は尼将軍と呼ばれていました。あだ名が「尼将軍」。尼将軍て。。。笑)

それからは落ち着いた政治が続きます。

元寇

モンゴル帝国が日本を攻めてきます。

学校では「モンゴルが攻めてきて、日本にはない武器や集団戦法を使ってくる相手に苦戦した」と教わったのを覚えているくらいで、
(あー、このときモンゴル攻めてきてたんだなー。戦い方は違うし、大変だったんだなー。)
くらいにしか思っていませんでした。

しかし、世界史の勉強するとわかるのですが、当時のモンゴル帝国は歴史上でも最強といわれている帝国でした。

モンゴル帝国は領土を拡大し続けていて、その支配領地がこちらです。

びっくりするぐらい広いです。
これ全部、当時のモンゴルが支配していた土地ですよ??
中国全部どころか、アジアを超えて現在のドイツまで征服しています。

この巨大な国が、日本に攻めてきたわけです。

(絶体絶命。まだまだ日本は刀で戦ってますし。笑)

世界史的にみると、「日本間違いなく終わるでしょ!!」って状態だったのですが、日本が勝利しました。

教科書では、「暴風雨が来て、モンゴルの船が沈み勝利した」というニュアンスで書かれていますが、

・6~8月の3か月間で台風が来るのを予想していた。
・支配していてた朝鮮のあまり強くない兵隊が来た。
・日本の武士は荒くれものも多く強かった。
・戦いにかけての執念が強かった(首を取って掲げたら、普通士気が下がるのが普通なのに、日本は首を取り返そうとして狂ったように襲ってくる。)
・モンゴルも本気で攻めては来ていなかった。
など、たまたまではなく勝利したと最近の研究では言われています。