浦和周辺:塾で成績が伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

近年、タブレット学習が注目を浴びています。
学校の授業でも、タブレットが使われていたり、塾でもタブレットを導入した「自立学習塾」が増加していたりと、導入される場面が増えているようです。
家庭教師で伺う保護者の方からも、
「タブレットを使った学習塾に、週1回通わせようかと考えているのですがどうでしょう?
「小学生の下の子に、自宅でのタブレット学習をやらせてみようと思うのですが、オススメのものはありますか?」

と相談されることがあります。

そこで今回は、タブレット学習についてお話していきます。

タブレット学習の特徴

タブレット学習の特徴は主に2つあります。
1つ目は「動画を使った授業」です。

タブレット学習で使われている授業は、予備校や有名な進学塾でトップ講師をしている方々が行っているため、クオリティーがすごく高いです。
今までは予備校に行き、高い授業料を払わなければみることができなかったような授業が、月1000円程で視聴することができるのはかなり革新的なことだと思います。

私自身、生徒に教えずらいと感じたところについては、タブレットの授業を見て参考にしている箇所もあります。
大学受験の予備校では、「一流講師の映像授業が見放題」というのを売りにしていた会社もあり、その映像授業を受けることを目的にして予備校に通っていた友達もいました。
それが、今では家にいながら数十分の1の値段で視聴することができるのです。
(ちなみに、月額サービスでなくても「youtube」などの無料で見ることのできる授業動画もあり、こちらも質の高い授業が多く存在しています。)

2つ目の特徴は、「問題出題機能」です。
問題出題機能とは、タブレットを使って学習した内容をソフトが分析を行い、「今、その子に一番適した問題」を選んで出題してくれる機能です。
例えば、数学の文章題を間違えた場合には、間違えた問題の類題や、間違えた問題の少し難易度を下げて基本を確認する問題、その文章題に必要な計算問題などを集めて出題してくれるといったものです。

これにより、効率よく問題演習を行うことができますし、他の参考書などから探してきて、似たような問題を解く必要がなくなるのです。

この「質の高い動画授業」と「データ分析による最適な問題の出題機能」がタブレット学習の大きなメリットだと私は考えています。

他にも「勉強のスケジュールを作ってくれる機能」「タブレット学習を行った分だけポイントがたまる機能」「勉強時間や勉強内容を記録してくれる機能」などもあるのですが、このあたりはあまり大きなメリットにはならないのかな?と思います。
勉強のスケジュールに関しては、人それぞれの予定や勉強の進め方があるため、ひとりひとりに合わせた最適なスケジュールを組むことは難しいのです。
また、その他の機能についても「やる気を少しでも上げるための機能」となっているため、勉強効率を上げるものにはなっていません。
「ポイントが貯まる機能」や「学習の記録」は、人によっては一定の効果のあるものなのかなと感じています。

タブレット学習についてネットで調べると、、、

インターネットで調べると、アフィリエイトのサイトが多く、タブレット学習のでデメリットよりも、メリットを感じやすように説明されているものばかりです。

もし、タブレット学習のメリットについてもっと詳しく知りたい方は、この記事ではなくそういったサイトを参考にしていただければと思います。

そして、次回からは、アフィリエイトのサイトなどでは触れられていない、
「見落としがちなデメリット」や、そのデメリットを含めたうえでの「タブレット学習の効果的な使い方」についてお伝えしていきます。