テスト本番の緊張を減らす方法

浦和周辺:塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

「テストになると緊張してしまう」
「大切な試験になると頭が真っ白になる」
「入試で緊張して、実力が発揮できないのではないかと不安になる」

そんな方に向けて、今日は
「テスト本番で緊張を減らす方法」
をお伝えします。

緊張してしまうメカニズム

そもそも、人はなぜ緊張するのでしょうか?

緊張しやすいと場面として
「大勢に向けて発表をする時」
「部活の大切な大会の時」
「好きな異性と話すとき」
「憧れの人や遠い存在だと思う人と話す時」
などがあります。

この時に、なぜ緊張するか。
それは、「いつも以上の力を出そうとしているから」です。

「家でごはん食べる時」
「仲のいい友達と話す時」
「お風呂に入っている時」
はふつう緊張しませんよね?(笑)
いつも以上の力を出そうとは全くしていないから緊張しないのです。

小テストや成績にあまり関係しないようなテストは緊張することはほぼないはずです。
それに対して、「入試本番のテスト」や「どうしても点数を取りたい、取らなければまずい!」といったテストには緊張感があると思います。

同じテストでも、なぜ緊張感が違うのかというと、「テストに対しての重要性」が違うわけです。
そして、重要性が高いテストほど「結果を出したい、力を発揮したい」と思ってしまうため、緊張しやすくなるのです。

緊張を減らすためにはどうするか

つまり、「いつも以上の力を出そう」としないことが緊張をしないためのポイントなのです。
いつも以上の力を出そうとしない=緊張しないようにするために、有効な手段は
①慣れをつくる
②失敗しても大丈夫だと思えるようにする
③緊張を「無意識」ではなく「意図的」にしてしまう。
この3つがあります。

それぞれ、解説をしていきます。

①少しでも「慣れ」をつくる

「緊張しないためには、慣れが必要」とよく言われていますが、

「慣れるために繰り返す」

「いつも通りにやればいいという感覚になる」

「いつも以上の力を出そうとしなくなる」

「緊張しないで済む」

というメカニズムなのです。

ですので、「本番の試験に近い経験をすること」は緊張を減らすために有効な対策になります。

公立高校を受験する場合には、滑り止めの私立高校の試験や、一月に行われる最後の北辰テストを、公立入試本番だと思って受けると良いでしょう。
私立高校が第一志望の場合には、第一志望の高校を受ける前に、別の私立高校の受験を受けておくようにしましょう。

ただし、慣れていたとしても、本番で「いつも以上の力を出さなければならない」と思えば、慣れている人でも緊張してしまいます。
「入試の本番は思った以上に緊張してしまった」という人も多くいるものです。
「慣れてきているから、緊張しない」とは思わずに「緊張するかもしれないけど、前に一度経験しているからなるべく落ち着こう」と思うようにしてください。

また、続きを書きます。