浦和周辺:塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

知っている方も多いと思いますが、以前「ビリギャル」という偏差値を40ほど上げて慶応大学に合格した女子高生の話が話題になり、そのストーリーを描いた本は100万部以上売れ、映画化もされました。

今回は、書籍「ビリギャル」を読んで、「なぜそこまでの逆転合格ができたのか」について話ていきます。

(こちらに、ビリギャルが出版される前にネットで話題となった元の記事のリンクを張っておきます。)

学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

1年半詰めれば、何人かに1人はいける。

最初に感じた感想はこれですね。

1か月でも本気で勉強すれば、かなりたくさんのことを学べます。
たとえば、本を1冊2時間で読むとします。
1日14時間本を読むとすれば1日で7冊、1カ月で200冊以上の本を読むことができます。

もし、200冊の日本史に関する本を読めば、歴史に関してかなり詳しくなることができますし、200冊本を読むことで読解力も相当つけることができるはずです。


1年半は18カ月ですから、それを18回繰り返すことができるわけです。それだけの時間勉強することができれば、一年半前には想像できないくらいの成長が可能になります。

それこそ私立文系の大学であれば、ほぼすべての大学が合格圏に入ることができます。

短期間で詰め込むほうが成績は上がる

英語の勉強を
「1日1時間の勉強を1年間365日行ってテストを受けたAさん」
「1日12時間に勉強を1カ月行ったBさん」
どちらの方が英語は上達しているでしょうか?
Bさんの方が間違いなく英語は上達しているはずです。

また、普段勉強していなくても、テスト前だけはしっかりと勉強していい点数を取っている人が一人くらいはいたと思います。
その人は、テストが終わった後一週間前には、もう覚えたことを忘れてしまっているかもしれません。しかし、テスト当日にはしっかりと必要な知識を身につけることができているのです。
定期テストでも、
「テスト前に1時間の勉強を10日間行ったAさん」
「テスト前日に10時間の勉強を1日で行ったBさん」
では、Bさんの成績の方が間違いなくよくなるはずです。

受験勉強も同じです。
「小学校から高校生までの12年間、毎日1時間勉強をしたAさん」
「大学受験までの1年間、毎日12時間勉強したBさん」
では、勉強時間は同じでも、結果は全く別のものとなるのです。

何かを学ぶときには、同じ時間でも短期間に詰めてやる方が身につきます。

ただ、そこまで勉強できる人はなかなかいない

やれば多くの人が合格できるのに、なぜ「難関大学」と言われているか。
なぜ倍率が10倍もあって多くの人が落ちてしまうのか。

大きな理由のひとつは、「そこまで詰めて勉強できる人はなかなかいないから」です。

浪人していた一年間は毎日10時間近く勉強していました。
それでも、相当苦しかったです。

1日24時間の内、7時間寝るとすれば17時間は起きて活動できます。
つまり、一日10時間勉強していても残り7時間は勉強していない時間があったわけです。
それでも、かなり辛く感じていました。

もし、一日14時間勉強するとすれば、起きていて勉強しない時間は3時間だけです。正直、この生活を1年間できる人は相当精神力があると思います。
1日でもいいので、14時間勉強してみると、そのキツさが実感できと思います。

やればできるのに、できる人がいないから合格が難しいのです。

また次回に続きを書きます。