数学の北辰テストで偏差値65を取る方法

【浦和周辺】塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

「時間内に解き終わらない」
「少し複雑な問題になると解けなくなる」
「証明や記述の問題が苦手」

そういった悩みを抱えている中学生のために、今回は「効率よく数学の北進テストで偏差値65を取る方法」を解説します。

数学の北辰テストの配点は

・大問1  計算を中心とした基本問題
 →50点前後

・大問2,3  基礎~応用レベルの問題
 →30〜35点

・大問4  証明問題
 →15〜20点

という配点です。

偏差値65を取るためには、70点が目標点数となります。

・大問1で45点前後
・大問2、3で20点前後
・証明問題で7点前後

がそれぞれの目標点です。

基本問題と解きやすい標準レベルの問題をミスせずに解ければ、偏差値55まではそこまで苦労せずにあげることができます。

基礎をしっかりと身につけた後は、学校では教わらない公式や、応用問題の楽な解き方を市販の参考書で身につけ、実践問題を繰り返し解きましょう。

大問1は簡単な問題が多い割に配点が高いです。

解けるかわからない問題に時間を使うよりも、まずは大問1で計算ミスをなくすように落ち着いて解きましょう。

大問2、3は中には難しい問題もありますが、標準レベルの実践問題を繰り返し解けば、8割は取れるようになります。

証明問題は嫌いな生徒も多く、証明分野は0点の生徒も多くいます。
証明問題で満点を取ることは確かに難しいですが、1問目の問題に正解することや、記述で部分点を稼ぐことは難しくありません。
出やすい証明問題を繰り返し解き、答案の書き方を身につけましょう。


偏差値~50

「中(1・2・3)数学をひとつひとつわかりやすく。」

図が大きく書いてあり、解説がわかりやすいのが特徴です。

まずは基礎の部分をしっかりと理解できるようにしましょう。
授業の予習をする際にもオススメの参考書です。

偏差値50→55

「入試に向けてまとめるノート 中学数学 」


この問題集は、基礎~標準レベルの入試問題を実際のノートに書くように、計算の過程や、つまづきやすいポイントが書いてあります。

過程がしっかりと書いてあるので、1人でも勉強しやすいつくりになっています。

偏差値55→65

「塾で教える高校入試 数学 塾技100」(各ページの入試問題をチェックの箇所まで)

この参考書の特徴は、進学塾で実際に教えてる学校では教わらない公式や、計算を楽にする裏ワザをたくさん書いていることです。

数学は短い時間で解くこと、ミスを減らすことが入試においてはすごく重要になります。

この公式や裏ワザを知っているだけで、難しい問題を楽に解けるようになったり、複雑な計算をしなくても答えを出せるようになります。

この参考書通りの効率のいい解き方を身につければ、成績は一気に上がり、数学を得意科目にすることができるでしょう。

「中学数学 図形の証明がらくらく解ける。」

証明の基本問題が穴埋め形式と記述形式の2つが載っています。
穴埋めだけでなく、記述の問題も繰り返し解き、減点されない回答を作れるようにしましょう。


番外編 65→70

・「塾で教える高校入試 数学 塾技100」(別冊解答の問題まで全部)

応用問題や難関私立の入試問題が、載っています。公式や裏ワザを使い、ミスなく答えを出せるようにして下さい。


・「数学証明のコツ ―入試必出の証明問題の解き方がわかる!!」

応用問題や私立の入試問題の良問が多く載っています。証明の応用問題も、基本パターンの組み合わせでできていますので、良問を繰り返し解くことで、解き方のパターンが身につき、正解できるようになります。

まとめ

•大問1の基礎問題は、簡単な割に配点が高いので、ミスしないことが重要

•証明問題は比較的難しくない、1問目の問題と記述の部分点を稼ぐ

•基本問題が解けるようになった後は塾技100を使い、解き方のテクニックや学校で習わない公式を覚える