社会の北辰テストで偏差値65を取る方法

【浦和周辺】塾で伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

「覚える量が多すぎるて、やる気が出ない」
「定期テストに比べて、北進テストや実力テストだと成績が悪い」
「資料問題が複雑で、わかりにくい」

こんな悩みを抱えている中学生・保護者の方のために、今回は効率よく社会の北進テストで偏差値65を取る方法を解説します。


社会の北進テストや高校入試では、

①まずは基礎~標準レベルの知識をしっかりと覚え、
②その上で実践問題を解くこと

が効率のいいやり方です。

教科書や塾のテキスト、詳しく書いてある参考書は情報量が多く、分厚くなっています。
そのため、覚える量が多く、どこが出やすいポイントなのかがどうしても分かりにくいのです。
情報量が多く分厚い参考書は、気になったところを調べるためだけに使うようにしてください。

薄くても、出やすいポイントに絞ってある問題集を数冊しっかりとこなせば、入試に対応できる力は十分に身につけることができます。

一度覚えても、時間がたつと知識は抜けていきますので、繰り返し繰り返し復習しましょう。
出やすい問題を繰り返し解いて、覚えていくことがポイントになります。

社会の北辰テストの特徴

社会の問題の特徴として、資料問題があります。

資料問題は応用問題として考えられていますが、出やすい問題が決まっています。

つまり、覚えてしまえば、他の科目の応用問題よりも楽に解くことができるのです。

資料の背景知識を押さえつつ、繰り返し問題を解けば自然と問題を解けるようになります。


また、地理の問題については、知識がなくても「資料の読み取り方」と「回答の書き方」に慣れてしまえば、点数を取ることができます。



歴史の問題は覚える量が多いので、まずは出やすい問題から順に勉強していくのがいいでしょう。

正答率の低い、歴史の出来事の並び替え問題については、

①その出来事はどの時代区分のできごとか
②どういった流れでその出来事が起きたのか
③その出来事が起きた年号

が問題を解くヒントになります。

①、②、③の知識をつける一番のポイントは、「この出来事はいつ起きたのか」という意識をもって問題を解くことです。

並び替え問題は必要になる知識がどうしても多くなるので、出やすい問題を確実にとけるようにすることと、①→②→③の順番で覚えていくのがコツとなります。

偏差値 ~50

「中学(地理・歴史・公民)をひとつひとつわかりやすく。」

この参考書はイラストや図が大きく書いてあり、取り組みやすい作りになっています。
まずはしっかりと解説を読み、その後に確認問題を解きましょう。
わからない場合にはもう一度解説を読み、確認します。

偏差値50→55

「高校入試 入試問題で覚える一問一答 社会 」

この問題集のいいところは一問一答形式になっているところです。

通常の問題集の場合には答えが別冊子になっていますが、この問題集の場合には右に答えが書いてあるので、すぐに答えを見て覚えることができます。

時間を区切り、早いテンポで問題→答えを繰り返しましょう。
この時に、答えの根拠となるキーワードにマーカーを引いておくと、より効果的です。

一問一答をすべて答えられるようなれば、基礎~標準レベルの知識を網羅することができます。
すると、その後に取り組む実践問題集の6~7割の問題を解くことができるので、楽しく勉強できるようになりますし、実践問題を解いたときに一気に偏差値を上げることができます。

偏差値55→60

「高校入試 社会 出題率70%以上の問題」

この問題集は入試に出やすい問題だけを取り上げている問題集です。

実践的な資料問題や記述問題が多く載っており、北進テストや学校の実力テスト、入試問題を解く力を効率よく身につけることができます。

実践問題を解くことで、今まで身につけた知識を定着させることができ、別の角度からの問いに答えることで、知識を深めていくことができます。

偏差値60→65

「受験生の50%以下しかとけない差がつく入試問題 社会」

この問題集のいいところは、出題率が高い問題かつ正答率の低い問題がまとまっていることです。

一問一答と入試の出題率70%以上の問題を解けるようになれば、正答率の高い問題は、ほとんど解けるようになっているはずです。

この段階では、出題率の高い問題かつ、正答率の低い問題を多くこなすことで、効率よく実力をつけることができます。

番外編 65→70

「佐島予備校合格講座 高校入試 塾で教わる社会の考え方・解き方」

応用問題や私立の入試問題が多く載っていて、となりのページにわかりやすく、大きな字で解説が書いてあります。

難易度の高い問題も多く扱っている中で、解説もわかりやすく載っているので、これまでの問題集を完璧にできるようになっている生徒が実力を伸ばすために、一番良い問題集だと思います。

また、偏差値70以上を取るためには、解説に載っているまとめポイントをしっかりと読み、赤字になっている部分を赤シートで隠して、穴埋め問題としてできるようにしておきましょう。

まとめ

・教科書や詳しくまとめてある参考書は情報量が多いので、やる気が出にくく、覚える優先順位がわかりにくくなっているので、気になったところを調べるためだけに使う。

・一冊の参考書を何度も何度も繰り返し、全ての問題を解けるようにする。

・分厚くない、問題形式になっている、出題されやすい問題が載っている参考書を使う。