習い事が忙しく、成績が上がらない場合

【浦和周辺】塾で成績が伸びない中学生専門の家庭教師、塚田です。

中学生で、習い事をたくさんやっている子がいます。
忙しい中学生の場合、

  6:30 起床
  7:00 部活の朝練のため、登校
15:40 学校終了
18:30 部活終了
19:00 帰宅
19:30 塾開始
22:00    塾終了
23:00 就寝

このようなスケジュールで平日を過ごしていると思います。
そういった生徒は、土日も、習い事や部活、塾などで埋まっていて、たまに空いた休日の時間も、祖父母の家にいったり、歯医者さん、必要な買い物などで予定が埋まっているものです。

そのスケジュールの中でも、テストで満足のいく成績を学校や家で子は、空き時間を見つけて取り組んだり、休みの日を使ってこなしているのだと思います。
ほんとうに凄いことだし、中学生でも心から尊敬できます。

大人でも、それだけのハードスケジュールで毎日やることやってる人は少ないはずです。

成績が上げるためには、
「今のスケジュールで、どうしたら時間を作ることができるか」
「短い空き時間をどのように活用すればいいのか」
「どうしたら、効率よく宿題や提出物を仕上げるれるか」
「どうすれば、学校や塾にいる間に勉強を身につけられるか」
「休みの日や、テスト週間に何をやるといいのか」
を真剣に考え、試行錯誤していく必要があります。

忙しい中で、部活と勉強を両立しようと工夫することは、今後の人生に大きく役立ちます。

中学高校で文武両道で結果を出せる人は、大学生になった時にも、アルバイト、サークル活動、大学の授業、就活など、忙しい中でもやりたいことを妥協せずに取り組むことができるでしょう。
大人になってからも、仕事とプライベートを両立して、充実感を持って生きていくことができるはずです。

だからこそ、忙しい中でも、部活と勉強を頑張って取り組んでほしいんです。

ただ、その一方で

学校の授業も塾の勉強も消化しきれず、成績が上がっていない子もいるわけです。

そういう子というのは、

「部活を頑張る」

「家で勉強をするが、疲れていて集中できない」

「やることが終わらずに次の日を迎える」

「学校の勉強の内容がきちんと理解できない」

「部活を頑張る」

「塾にいっても疲れていて集中できない」

「家で勉強をするが、疲れていて集中できない」

「やることが終わらずに次の日を迎える」

「学校の勉強の内容がきちんと理解できない」

「部活を頑張る」

「塾にいっても疲れていて集中できない」

「家で勉強をするが、疲れていて集中できない」

というような悪循環になってしまっています。

この時にするべきことは、現状を一度紙に書きだした上で、スケジュールを見直し、勉強の計画を立て直すことです。

たとえば、
「塾に週3回行っているが、塾や学校の宿題に追われてしまっている場合には、一番苦手な科目のみ塾で授業を受けるようにして、通塾を週2回に減らす。その分、空いた時間で塾や学校の復習をする。」

「本当は習い事も部活もやりたいけど、今は成績がよくないので、点数が上がるまではしばらく習い事は休むようにする。」

「朝練と毎日のように部活があるため、帰ってきてから勉強をしても集中できない。絶対に部活ががんばりたいから、夜はすぐ寝るようにして、朝早く起きて勉強をする。成績が上がらなければ、部活休みの日は遊びにいかずに勉強する約束にする。」
など、様々な工夫ができると思います。

その時のポイントとなるのは、
「これ以上、成績が下がっては困る!平日のあいている曜日に塾の日を増やそう!」など、これ以上勉強の習い事を増やさないことです。

今、家庭教師で私が見ている子は、今まで塾に行っていたが成績が上がらなかった子です。
全員に共通していることは「学校の授業も塾の授業も消化不良になっていること」です。
ここで塾の授業を増やしたところで、また消化不良を起こすだけで成績はあがりません。

この場合にやるべきなのは、「学校や塾の勉強の内容を復習する時間を作ること」です。
もし、復習する時間がなくなって、勉強の内容が身についていないのであれば、その時間を確保することにより成績は上がります。

部活や習い事が忙しく成績が上がらない場合には、
①集中して勉強するための時間を確保する
②学校や塾の授業を復習するための時間をつくる
この2つを意識して、勉強の計画を見直すようにしましょう。